SNSで大批判!エンタメ業界が炎上しないための情報リリースの絶対条件

SNS

 

最近のインターネットの急速な発達と普及によって、エンタメ業界が発信する番組や情報の内容に、視聴者が過激に反応することが多くなっています。

 

そして、その後にSNSで批判が爆発し、炎上する事態が頻発しています。

 

SNSで大炎上している現実は、そのエンターテイメントのコンテンツの人気を表すものである反面、その批判が演者やタレントのSNSの個人アカウントに集中していまうという危険性も持ち合わせています。

 

今回は、最近問題になっている「なんでもあり」なエンターテイメントのコンテンツと、炎上しないための情報リリースの絶対条件を検証してみたいと思います。

 

大炎上するエンターテイメントコンテンツ!その実態とは?

 

エンターテイメント業界とSNSは、今では切っても切ることが出来ない関係性があります。

 

これは、演者と視聴者がインターネットを介し、密接に関わることができるという点で大きなメリットがあります。

 

しかし直接ではないとはいえ、演者に対して、視聴者のメッセージがダイレクトに届けられるところでメリットとデメリットの両面があるのも事実です。

 

大炎上するエンターテイメントコンテンツ

最近はエンターテイメント業界の中に「素人」が直接介入することが多くなり、今ではその市場も大きくなっています。

 

YouTuberという職業はその最たるもので、どこにも属さないフリーの演者がYouTubeという舞台でノンフィクションの動画を撮影し投稿しています。

 

このYouTubeが大炎上を招く1つめの原因です。

 

そして2つめの原因が、テレビ番組で素人を使い「ノンフィクション」を過剰に演じるという問題です。

 

本来、ノンフィクションは「演じる」ものではありません。しかし素人番組を盛り上げるために制作側が演技に介入し、あえて「炎上」させるような演出をしていることが問題視されています。

 

YouTuberの炎上

YouTuberが大炎上を招いて、SNSだけでなくニュースにまでなっている大きな原因は「違法行為」と「迷惑行為」です。

少し前にはYouTubeだけでなく、SNSの動画にも「バイトテロ」と呼ばれる迷惑行為が頻発した時期がありました。このような素人が、自主的に動画を撮影して投稿することは非常に危険です。それは「人の気を引くため」に行う無茶な行動が、素人には「違法行為」と気づけないことがあるからです。

今後は、有名人や芸能人といったいわゆる「プロ」がYouTubeにも参入していることで、素人YouTuberは更なる競争と苦境に立たされることになるでしょう。

これからのYouTuberは、これまでのような「なんでもあり」では通用しなくなります。しっかりとしたシナリオと、その法的な検証も行いながら確かなコンテンツに育て上げていかなければならないのです。

 

テレビ番組の炎上

一方で、テレビ番組というプロフェッショナルな現場でも「炎上」が頻発しています。

こちらは法的な違反や迷惑行為ではなく、番組を作成するプロデューサーの思惑と視聴者の過剰な反応がもたらす炎上です。

ここで問題なのは、この炎上で批判されるのが演者であること。演者はプロデューサー側の意向で、言われるがままにフィクションとしての過剰な演技を行いますが、番組側はこれをノンフィクション作品として視聴者に提供します。

この状態は完全な「やらせ」ではあるものの、視聴者はそれに気づかすに演者に対してSNSで直接人格を否定するような批判をぶつけるという事態が起きているのです。

 

これからのエンタメに絶対に必要な情報と冷静な判断

 

これからのエンターテイメント業界の発展には、発信する側の適正な情報リリースと視聴者側の冷静な判断が欠かせません。

 

そこで、双方に絶対に必要になるのが「モラル」なのです。

 

最近のエンターテイメント業界は、そのコンテンツの多さによって競争が激化し、国内外のプロ、素人を問わず「無茶」をして事故や事件に発展するような悲しい出来事も増えています。

 

それとは逆に、プロのエンターテイナーと素人が一緒に協力し、皆が楽しむことが出来るSNSを通じたボランティア活動などもあります。

 

これからの社会では、SNSなどのインターネットコンテンツを通じた情報発信は欠かせません。しかし、このようなコンテンツにはモラルや倫理的なチェックフィルターが摘要されにくいために、予想以上に過激な反応(炎上)が起こる可能性があります。

 

それ故に、制作側の正確な情報発信と、視聴者側の冷静な判断が求められるのです。

 

 

 

最近のインターネットの急速な発達と普及によって、エンタメ業界が発信する番組や情報の内容に、視聴者が過激に反応することが多くなっています。

 

そして、その後にSNSで批判が爆発し、炎上する事態が頻発しています。

 

SNSで大炎上している現実は、そのエンターテイメントのコンテンツの人気を表すものである反面、その批判が演者やタレントのSNSの個人アカウントに集中していまうという危険性も持ち合わせています。

 

今回は、最近問題になっている「なんでもあり」なエンターテイメントのコンテンツと、炎上しないための情報リリースの絶対条件を検証してみたいと思います。

 

 

 

エンターテイメント業界とSNSは、今では切っても切ることが出来ない関係性があります。

 

これは、演者と視聴者がインターネットを介し、密接に関わることができるという点で大きなメリットがあります。

 

しかし直接ではないとはいえ、演者に対して、視聴者のメッセージがダイレクトに届けられるところでメリットとデメリットの両面があるのも事実です。

 

(大見出し)大炎上するエンターテイメントコンテンツ

最近はエンターテイメント業界の中に「素人」が直接介入することが多くなり、今ではその市場も大きくなっています。

 

YouTuberという職業はその最たるもので、どこにも属さないフリーの演者がYouTubeという舞台でノンフィクションの動画を撮影し投稿しています。

 

このYouTubeが大炎上を招く1つめの原因です。

 

そして2つめの原因が、テレビ番組で素人を使い「ノンフィクション」を過剰に演じるという問題です。

 

本来、ノンフィクションは「演じる」ものではありません。しかし素人番組を盛り上げるために制作側が演技に介入し、あえて「炎上」させるような演出をしていることが問題視されています。

 

(中見出し)YouTuberの炎上

YouTuberが大炎上を招いて、SNSだけでなくニュースにまでなっている大きな原因は「違法行為」と「迷惑行為」です。

少し前にはYouTubeだけでなく、SNSの動画にも「バイトテロ」と呼ばれる迷惑行為が頻発した時期がありました。このような素人が、自主的に動画を撮影して投稿することは非常に危険です。それは「人の気を引くため」に行う無茶な行動が、素人には「違法行為」と気づけないことがあるからです。

今後は、有名人や芸能人といったいわゆる「プロ」がYouTubeにも参入していることで、素人YouTuberは更なる競争と苦境に立たされることになるでしょう。

これからのYouTuberは、これまでのような「なんでもあり」では通用しなくなります。しっかりとしたシナリオと、その法的な検証も行いながら確かなコンテンツに育て上げていかなければならないのです。

 

(中見出し)テレビ番組の炎上

一方で、テレビ番組というプロフェッショナルな現場でも「炎上」が頻発しています。

こちらは法的な違反や迷惑行為ではなく、番組を作成するプロデューサーの思惑と視聴者の過剰な反応がもたらす炎上です。

ここで問題なのは、この炎上で批判されるのが演者であること。演者はプロデューサー側の意向で、言われるがままにフィクションとしての過剰な演技を行いますが、番組側はこれをノンフィクション作品として視聴者に提供します。

この状態は完全な「やらせ」ではあるものの、視聴者はそれに気づかすに演者に対してSNSで直接人格を否定するような批判をぶつけるという事態が起きているのです。

 

第2章 これからのエンタメに絶対に必要な情報と冷静な判断

 

これからのエンターテイメント業界の発展には、発信する側の適正な情報リリースと視聴者側の冷静な判断が欠かせません。

 

そこで、双方に絶対に必要になるのが「モラル」なのです。

 

最近のエンターテイメント業界は、そのコンテンツの多さによって競争が激化し、国内外のプロ、素人を問わず「無茶」をして事故や事件に発展するような悲しい出来事も増えています。

 

それとは逆に、プロのエンターテイナーと素人が一緒に協力し、皆が楽しむことが出来るSNSを通じたボランティア活動などもあります。

 

これからの社会では、SNSなどのインターネットコンテンツを通じた情報発信は欠かせません。しかし、このようなコンテンツにはモラルや倫理的なチェックフィルターが摘要されにくいために、予想以上に過激な反応(炎上)が起こる可能性があります。

 

それ故に、制作側の正確な情報発信と、視聴者側の冷静な判断が求められるのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました