イベントのアルバイト数を増やすには?応募者が見ている募集ポイントを解説!

アフターコロナ

空前の人手不足が叫ばれるいま、イベントのアルバイトスタッフも同様に人材確保に苦労しています。特にエンターテイメントイベントのスタッフは必要人数が多い上に一時的な雇用が主となるために、非常に難しくなっているのです。

 

そこで、少しでも募集効率をアップさせたいと考える募集者が大変多いのです。募集効率をあげるポイントは、当然ながら応募者が望んでいるニーズに答え、潜在的な募集意欲を刺激することです。

 

ここでは、そんな人材不足を解消するための募集効率をあげて、なおかつ離職率を下げる方法を検証し解説していきます。

 

人材不足はエンターテイメント業界だけではありません。広い業種の方の参考になるので、ぜひとも最後までお付き合いください。

 

 

第1章 募集原稿にはインパクトのある写真を使う

 

募集する側はどうしても雇用者側の目線で募集記事を書くために、その仕事の面白さやメリットを上手く伝えずに雇用者の要求を書いてしまう傾向にあります。

 

特に、エンターテイメントイベントのスタッフなどは、憧れる人も多いためにカッコよくて見やすい内容と写真を使えば、ライバル他社に比べると圧倒的に有利な募集効率をあげることができます。

 

実際にそこで働いているスタッフが何気なく写り込むような写真を撮っておいて、募集要項に添付すれば無理も嘘もない素晴らしいポスターができ上がります。積極的に使っていきましょう。

 

 

第2章 具体的な仕事内容をコピーライティングする

 

例えば1つの仕事内容が接客である場合は「コミュニケーション能力というスキルが身につく!」など、ここで仕事をすることにメリットがあるようなキャッチフレーズを盛り込むと良いでしょう。

 

その他にも、待遇の内容に関しても「完全シフト制でプライベートも保障」とか「交通費は全額支給で遠くても安心」など、ハッキリとその内容を示すことも大切です。

 

そのなかでも特に重要なのが仕事内容の明記。どのようなイベントで何をする仕事か。漠然としたイベントスタッフ募集ではなく「イスタッフとベントホールでのコンサート会場の観客誘導スタッフ」とか「イベントグッズの販売スタッフ」というように具体的に明記しましょう。

 

次に、自社で働くことのメリットをスタッフの声として具体的に伝えましょう。アルバイト募集では、条件面や待遇で他者と大きな差をつけることはなかなかできません。同じような時給や手当で、最後に差をつけるには、実際の働くスタッフの生の声や会社の良いところをどんどん開示し、書いていきましょう。

 

 

第3章 掲載前に他社に差をつける

 

募集内容が類似した求人では、どうしても応募する人は他社と比べて応募してくるために、募集前に他社の募集要項をしっかりとリサーチすることが大切。ライバル他社の募集要項にはないメリットを考えて、できる限り差をつけましょう。その際には、現実的に可能な内容で無理なく提供できる待遇を考えることが大切です。

 

無理に時給をあげたり、待遇を追加したりしては会社が持ちません。ここでいう待遇とは、自社で働くことで他にはないスキルが身につくとか、他では経験できないような貴重な体験ができるという意味です。そこのところに気を付けて募集要項を作成してください。

 

 

第4章 アルバイトを確保する募集ポイントまとめ

 

以上のように、募集にあたっての重要ポイントを幾つかあげてきました。

実際に大切なことは、求職者が募集要項を見たときに、ここで働くことがイメージできるかどうかなのです。ただ文章を羅列するのではなく、募集要項から職場をイメージし、その会社やイベント情報が読み取れるような内容の要綱が理想です。一度書き上げた文章と、用意した写真のバランスが取れているかなど、できるだけ多くの人の意見を取り入れながら確認作業をしてみてください。きっと効果がすぐにあらわれることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました